kと変なやつによるいろんな話

このサイトは、高校生活であったことと、音楽(ピアノ)などの情報を書き込んでいるページです。 「どーでもいいし~~」という方もちょっとのぞてってやって下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

BUMP OF CHICKENの初音ミクコラボについての所感

先日、運転中にラジオを聞いていると懐かしきBUMPの声が。
「聞いたこと無いし、昔の曲かな?」
と思っていたところ、どうやら新曲とのこと。

早速家に帰って検索してみると、なんとあの初音ミクコラボしたバージョンがあると。
しかもそのミクの担当はlivetunekzさんらしい。
これは聞くしか無いということでYouTubeにて視聴。
それがこちら。





予想はしていたことですがこの動画、コメント欄がとにかく荒れてる。
「初音ミクキモい」「BUMP汚すな」「ふじわらもとお ついに血迷う」等など……
中には肯定的な意見もありました。
「○×△どれかなんて、みんなと比べてどうかなんて、確かめる、間もないほど、生きるのは最高だ…って歌詞きいたら「ボカロとコラボはちょっと…」って少し思ってた自分が恥ずかしくなったわwww」等など……

僕が不思議に思ったのは、
まるで初音ミクという歌手が存在しているかのようなコメントばかりなんです。
「それちょっと違うんじゃないの?」って思うわけですよ。

美術手帖の2013年6月号に載っているkzさんのインタビューに、こうのようなことが書いてありました。
「初音ミクは音源であり歌手ではない。
上手なボーカルが欲しいなら人が歌えばいい。」

(※うろ覚えですが、だいたいこのようなことが書いてありました。)

僕も全く同じ意見です。
つまり、初音ミクが好きだ嫌いだなんてそもそもおかしい議論なわけで。
それは、俺はバイオリンが好きだ嫌いだと言っている様なものなのです。
おかしいと思いませんか?
本質はそれを弾いてる人ではないかと思うわけです。
格好良くロックに弾く人もいれば、しっとりクラシックに弾く人もいるんです。

音源を本物の人間のように演奏する人、思いっきり楽器のように演奏する人。
使う人によって180度表情を変える、それこそがVOCALOIDの魅力ではないのかと。
「初音ミクだから」と言うのはあまりに勿体無い思考だと思います。
スポンサーサイト
[ 2014/05/03 21:00 ] ちょい真面目な話 | TB(0) | CM(0)

違法ダウンロード法のお話

「お、これAKBの新曲じゃん!Cravingでダウンロードっと。」
この行為、実は違法なんです。

2009年までは著作物も私的使用目的であればダウンロードは合法だったのですが、
2010年から違法となりました。
とは言っても逮捕などの刑事処罰は無く、
民事裁判などで損害賠償されることがあるという話でした。

ところが2012年6月
違法ダウンロードで逮捕だってあり得る世の中になるかも知れないらしいのです。
どうやら僕らの知らない間に国会にそのような法案が持ち込まれ、
6月には成立するかも知れないらしいのです。

Cravingやにこさうんどなどを使ってきた人達がそう簡単にやめれますかね?
[ 2012/04/03 12:26 ] ちょい真面目な話 | TB(2) | CM(0)

VOCALOIDの行方

皆さんはVOCALOIDって知ってますか?
「は?知らない人なんて今居なくね?(*ノε` )σ」
という人が多いかと思います。
確かに今では知らない人なんて居ないくらいの知名度になりました。
しかし今から4年ほど前の2007年では、
一般人はもちろん、ヲタも知らないような存在でした。

実はVOCALOIDは既に2004年に発売されていました。
この頃はほとんど知名度0の状態です。

ところが、
この後クリプトンから発売されたVOCALOID2シリーズが一躍有名になりました。
このシリーズは、
単なるソフトウェアから、バーチャルアイドルへ。
こういったコンセプトで作られました。
その為イラストなどを付け、よりアイドルっぽさを売りにしました。
とはいえ、簡単には売れませんでした。

そんな中、一気に世の中にVOCALOIDを知らしめたのが「初音ミク」
実はシリーズで3作目でした。
これだけ売れたのは色々な要因があると思いますが、
大きな要因は初めて人気声優を起用した点ではないでしょうか。

パソコンで作った自分の歌を人気声優に歌ってもらえる。
こんな嬉しいことは音楽作る身としては他にありませんからね。

そこで、いろんなコンポーザーが奮って曲を作り、
当時一番賑わっていたニコニコ動画に投稿するというのが始まりました。
これを期にDTMを始めた人も居たと思います。
なので、当時はクオリティはあまり問われず、
ただテンポが良いとか、絵が可愛いだとか、
そんなのでワイワイやってる時代でした。
クオリティ低くてもそれなりに皆が見てくれて、いろんな意見をくれる。
制作者と視聴者がとても近い存在でした。

ですが、それは長く続きませんでした。
「みくみくにしてあげる♪【してやんよ】」がJASRACに登録された時では無いでしょうか。
VOCALOIDやニコニコ動画の状況が一気に変わったのです。

何が起こったのかというと、
まず、商売の匂いを嗅ぎつけてプロ、アマ問わずいろんな人がやって来ました。
それに乗じていろんな人がニコニコ動画に集まるようになりました。
自然とクオリティは上がって行きます。
見る人の耳、目も肥えていきます。

クオリティが高いものが良、低いものが悪という構図の完成です。
これは決して悪いものではないんです。
良いものは良い、なんにも悪くないんです。

でも、頑張ってる作品もそれなりに評価がもらえるのがニコニコ動画の良い所だったのも事実です。
そういうニコニコ動画を知らない人がたくさん入ってきました。
クオリティが低い新人を下手だ下手だと言う人も増えました。
悪いことでは無いかも知れません。
ただ、制作者と視聴者が遠くなりました。

視聴者や運営が審査員のオーディションの様なものですね。
事実人気が出ればカラオケ化、CD化も夢ではないのです。

2011年現在、ニコニコ動画に行けば高いクオリティのプロ顔負けの曲を無料で聞けます。
「何もかも...変わらずにはいられないです。」とはホントにその通りで、
ここまで発展したのは良いことなのかも知れません。

ただ、本音は少し寂しいです。
[ 2011/10/23 18:39 ] ちょい真面目な話 | TB(0) | CM(0)

VOCALOIDは肉声の劣化か?

VOCALOIDの曲を作っている人と、
VOCALOIDの歌を含め、いろんな曲を歌っている人対立することがあります。

ちょっと話はズレますが、
初期のVOCALOIDはとても機械っぽい不器用な、
それでいて可愛い声質が多かったのに対し、
今のVOCALOIDの曲はかっこよかったり、可愛かったり、
人間の様な声質の物が増えました。

それゆえ、それを人がカバーしても遜色なく良い作品に仕上がるようになりました。

ここで対立の原因ともなる問題が生じます。
人が歌ったほうが自然かつ上手いし、
VOCALOIDというのは肉声の劣化なのではないか?
というものです。

僕の考えから言わせてもらうと、
そんな事は断じてありません。

初期の頃に人気が出てCD化された物として、
「Re:package」が挙げられます。
これはジャンルで言うとエレクトロ、テクノ系に入ります。

僕は結構エレクトロが好きなのでよく聞くのですが、
エレクトロの中には人間の声を加工してわざと機械っぽくする、
そういったことが結構普通に行われています。
いわゆるケロケロボイスと言われるやつですね。
Auto-TuneとかGsnapとか、そういった声に簡単に出来る物もあります。
つまり、
人間の声+Auto-Tune=機械っぽい人間の声
となってるわけです。

ここで初音ミクを思い出してみましょう。
何にも調整していない初音ミクは、
エレクトロで良く使われる機械っぽい声そのものです。
でもそのままだとやっぱり機械すぎるんです。
そこでコンポーザー達が考えました。
逆にAuto-Tuneをかけてやればどうか?
結果は大成功です。
つまり、
機械の声+Auto-Tune=人間っぽい機械の声
となったわけです。

もうこれはエレクトロに最適なボーカルです。
生身の人間に出せない声を、VOCALOIDはいとも簡単に出すことが出来るんです。

こうしていろんな曲が出てきた後、
人間っぽい声も頑張れば出せるんじゃないか?
と人間に近いものを作るのも一般化してきました。
まぁそれは新しいエンジンなどが出てきた事なども要因ですが。

そこで歌っている人が出てきます。
人間の声なら人間のほうが簡単に自然に上手く出せると。

もう分かりますよね。
例えるなら写真の様なもんです。

今まではで写実的な物を描いていたところに、カメラが登場した。
カメラよりも正確に描写出来る。
でもそのままだと味気ない。
だからセピア、トイカメラ風にしてみたら絵よりも楽に良いものが作れる。

逆にカメラでどんなに頑張って普通の絵画の様にしても、
本物の絵には届かず、不自然さが残ってしまう。
芸術的なカメラには難しい。

そして忘れちゃいけないのが、
写実的な絵や芸術的な写真も他に劣らず素晴らしいということ。

だからどっちが優れてるとかどっちが劣っているとか、
そういう話じゃないんです。
お互いに一長一短があるんです。

もっと理解者が増えればもっと良い物が出来るんじゃないでしょうか。
もっと、もっと良い物を作って下さい。
[ 2011/09/30 21:49 ] ちょい真面目な話 | TB(0) | CM(0)

音楽とは何か。

音楽はどれが正解なんてのは無いし、今までに無いものが間違ってるとも限らない。
もしかすると、それは新たな音楽の起源になりうるかもしれない。
まぁ僕がよく言い訳する、「ミスは仕様です」ってのもホントは無しですよね。

個人的には音楽は数学の問題(別になんでもいいんだけど)という風に考えてます。

問題って言ってもいろいろありますよね。
面白い問題、簡単な問題、難しい問題、面倒くさい問題・・・etc,

まぁこれが曲ですね。
面白い音楽、簡単な音楽、難しい音楽、面倒くさい音楽・・・etc,

しかし、これと音はまた違うわけで。
「あ、ここの数字違う・・」

ってのが、
「あ、ここの音違う・・・」
ってなるわけですわ。

いくら難しい問題でも、数字が違うのはダメですよね。
うん。音楽って、難しい。
[ 2010/04/28 00:31 ] ちょい真面目な話 | TB(0) | CM(0)
押すと幸せになれます

FC2Blog Ranking    
ランキング参加しますた。
クリックよろしくお願いします。

いくつになったの ver2
プロフィール

あくおる

Author:あくおる
職業 学生
趣味 音楽、PC

今だから言えるが、
実は2年前にカノッサ機関に
追われていたという経歴を持つ。

当時はジャキガニストとして
エターナルフォースブリザード
等を使いこなしていたが、
今ではすっかりその影は無い。


上記の様な
少しズレ気味な高校生です。

どうか通報しないで下さい。
よろしくおねがいします。

mailは、
mizuyume◎gmail.com
です。(二重丸は@に変える)
何かあったら連絡ください。

Skypeの状態
クリックすると、チャットへ飛びます。
ログイン状態
FC2カウンター
このブログの価値
そんなもん、、あるんでしょうかww
なかのひと
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
24043位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
高校生
282位
アクセスランキングを見る>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。